クレマチスも見頃です。

こんにちは、東京より佐藤がお届けさせていただきます。


東京では、バラのファーストシーズンが終わり、2番花が少しづつ咲き出している時期ですが、

バラと一緒に、お庭に彩りを添えて楽しませてくれる組み合わせにクレマチスがあります。


特に、アーチやフェンスと共にバラと一緒に組み合わせると、それぞれのお花が不足している期間を

お互いに補完し合い、長いシーズンに渡りお庭に彩りを与えて楽しませてくれます。

先日、私もバラと一緒にフェンスに絡めるクレマチスを仕入れましたので、ご紹介させていただきます。


写真左側:クレマチス・アラベラ

インテグリフォリア系のクレマチスで、花付きが良く四季咲きです。

花後に剪定すると、おおよそ40日ぐらいで次のお花を楽しむことができ、6〜10月くらいまで

お花を楽しむことができます。

また、新枝咲のため、冬場は枯れたツルを地際で切って、春の芽吹きを待ちます。


写真右側:クレマチス・アイ フクシマ

テキセンシス系のクレマチスで、「プリンセス・ダイアナ」から系統を引き継いで生まれた、

四季咲きのクレマチスです。白色のベースにピンクの筋が入る可愛らしい色合いのお花です。

おおよそ5〜10月の間、お花を楽しむことができます。

また、こちらも新枝咲きのため、冬場の剪定は、枯れたツルを地上部から

おおよそ20㎝ぐらいで切って、春の芽吹きを待ちます。


バラのセカンドシーズンを待つ間にも、クレマチスがお花を次々に咲かせてくれるので、

ガーデンの楽しみは絶えませんね。


ぜひ皆様も、バラとご一緒にクレマチスもお楽しみになってみてはいかがでしょうか。


Featured Posts
Posts are coming soon
Stay tuned...
Recent Posts