サルスベリ(百日紅)

こんばんわ、大阪より野村です。

連日、猛暑に耐える日が続いておりますが、

皆様、いかがお過ごしでしょうか?


しっかりと水分・休息を摂りながら、

沢山食べて、この夏を乗り切りましょう!



本日は、街中の街路樹や公園などにも、よく植えられていて

丁度、この時期に開花している樹木を紹介します。






サルスベリ(百日紅)

ミソハギ科/サルスベリ属

学名:Lagerstroemia indica


夏場に開花して、読んで字の如く100日咲くというように秋口くらいまで

その可憐な花を観賞する事ができます。


花色も。ピンク(濃・淡)、赤、白、紫 など多彩です。

木の肌にも特徴があり、樹皮は基本ザラザラしているのですが、一度樹皮が

剥がれて落ちてしまうと、中から白い木肌が見えて、つるつるした手触りとなります。

この木肌が、猿が木に登ろうとしても滑って落ちてしまいそうになる。・・・との事から、

「サルスベリ」と名付けられたとも言います。




この暑い夏の時期も、負けずに頑張るサルスベリ。

耐暑性も強く、これからの庭木にも良いかもしれません。


開花時期も長いので、これから暑い夏を乗り越え、

涼しくなる秋口まで、その花を楽しめそうですね。


Featured Posts
Posts are coming soon
Stay tuned...
Recent Posts