タマスダレが群れて咲いています

こんにちは、千葉のガーデナー、石塚です。

先々週くらいから、タマスダレが咲いています。写真は9月10日の現場です。ヒガンバナ同様、秋を感じさせる花ですね。

 タマスダレは、純白の花を咲かす南米原産の多年草の球根植物です。

 原産地は、南米のアルゼンチン・ウルグアイ・パラグアイのラプラタ川流域、およびチリ・ペルーです。日本への渡来は古く、ヨーロッパからインドを経て、明治初期の1871年頃渡来したとか。地球半周以上の旅をしたのですね。

 学名は、ゼフィランサス カンディダ(Zephyranthus candida)といいます。ヒガンバナ科ゼフィランサス属です。

 この属名のゼフィランサスは、ギリシャ神話の西風の神「ゼピュロス」と、花mp「アントス」との合成語で、なぜそのように名づけられたかはよくわかっていませんが、一説によると、西側のアメリカ大陸からヨーロッパへ渡来したことから、「西風が運んできた花」よいう意味でつけられたとの説があります。「カンディダ」は「純白色」という意味です。

 非常の丈夫なので、日本の気候にも適応して、半野生化している場所もあるくらいです。

 写真のように、群植すると非常に見栄えがするので、まとめて植えましょう。また、ヒガンバナ科なので、有毒です。ニラなどの側には植えないようにしましょう。

Featured Posts
Posts are coming soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
No tags yet.
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square