可憐な百合の花

こんばんは、大阪より野村です。

ここ大阪では、先週の台風の後、

前線が停滞している影響で雨の日が続いております。

この雨で各地で沢山の災害が起きています。

早く天候が回復してくれる事を祈ってます。



そんな、曇天の雨模様の中、

目線の高さで可憐に咲く花を見つけました。





シンテッポウユリ  別名「夏百合」 学名:Lilium longiflorum


シンテッポウユリは、鉄砲百合と高砂百合が自然交配された種類です。


丁度目線の高さで、可憐な下向きの花をつけていて、

見応えがあります。






百合全般に言えることなのですが、

百合を植える時は、なるべく深く植えて頂く方が良いです。

(球根2個以上深く植える。)


通常球根は、球根本体の下から根が伸びるのですが、

百合の場合は、それに加えて球根から伸びた花茎からも

根が伸びていきます。

栄養を沢山吸収する為に、この花茎から伸びた根からも

栄養を摂り込みます。

背が高くなる百合は、この根がしっかりしていないと

風などで倒れてしまうことがあります。

その為に、より根を張り巡らせて、自分の身体を支える必要が

あるのですね。


鉢植えの場合には、深い鉢を選んで頂いて、なるべく中央に

球根が来るようにして頂く事がポイントです。



目まぐるしく変化するこの気象の中ではありますが、

可憐に力強く咲く球根パワーに力を頂きながら、

日々元気に頑張りたいと思います。






Featured Posts
Posts are coming soon
Stay tuned...
Recent Posts