移植したカリンの様子

こんばんは、大阪より野村です。

本日の大阪は晴天に恵まれ気温もぐんぐん上がり

日中は26℃まで上がりました。

汗ばむ陽気でした。

外で作業していると既に暑いです。。。


昨年の12月に

お客様のご要望で、樹木を移植する業務を承りました。

お客様は、大阪府でご新築をされました。

そのご新築の外構と共に植栽プランをさせて頂く際に、

奥様のお父様が住まわれていた和歌山県の旧家に植えられている樹木を

出来る事なら、思い出と共にご自身のそばに植え付けたいとのご希望でした。


移植作業は、条件によってはとてもリスクがあります。

様々なケースを想定しながら、お客様と事前協議をさせて頂きました。

デメリットや考えられる事象等にご納得を頂いた上で

作業を実施する運びとなりました。


移植してきた樹木は、全部で3本。


・カリン

・サザンカ

・ツバキ


その中でも、カリンは堀上時の条件があまり良くなく、

最善を尽くして、和歌山県より即日で大阪府へ運び入れ

植込みを行いました。

根鉢も出来るだけ大きく取る必要があり、職方さんの手作業で

運び入れました。(重機が入らない条件でした。)




先日、定期確認のために

お客様宅へ訪問したところ、

無事に芽が出て、根の発根が促されている状況を

確認できました。


お客様も日々の生長を温かく見守って頂いている様子で

とてもお喜び頂いておりました。




移植時(令和2年12月撮影)







移植後4か月目(令和3年4月撮影)




今は、先ずはこの春先の芽の吹き出しに

心をほっと落ち着かせた所です。


但し、これで安心ではありません。


これから、気温がグングンあがる夏場をどう乗り切るか・・・。

移植後の傾向として、夏場に弱まる株などが生じてくる場合があります。

今から、状況確認含め、まめに様子を見ていかなくてはなりません。

しばらくは、このカリンの様子をお客様と共に注視して参ります。






頑張ってね!カリンさん!


移植した他の2本(サザンカ・ツバキ)も元気にしております。

Featured Posts
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
No tags yet.
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

2015 Gardeners-Association

  • Twitter Square
  • facebook-square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now