ハブランサス



こんにちは、千葉のガーデナーの石塚です。

だいぶ暑くなりましたが、皆様どうお過ごしでしょうか?

千葉の現場で、ハブランサスが咲いてました。たまに見かける花です。中南米原産のヒガンバナ科の球根で、いま時分、

きれいな花を咲かせます。学名は「Habranthus」で、ギリシャ語のハブロス(優雅な)とアンサス(花)から

きており、「優雅な花」という意味です。ピッタリの名前ですね。自生地では、雨が降ったときに、ぱっと花を

咲かせるので、レインリリーとも呼ばれます。この花は、ハブランサスの園芸品種 ’Cherry pink'(チェリー・ピンク)

だと思いますが、どんよりした中で、ほんとに優雅に咲いている姿は素敵です。春植え球根としていかがでしょうか?

Featured Posts
Posts are coming soon
Stay tuned...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
No tags yet.
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square